お金を稼ぐ

【せどり実践】Amazonに出品する商品登録の方法からFBA納品手順まで解説

おむすび
おむすび
こんにちは、おむすび(@omusubiz)です。 外資系コンサルティングファームに勤めているサラリーマンです。

このブログでは、サラリーマンが老後資金2000万円を貯めるために、お金に対する考え方やどのように稼ぎ、増やしていくかということを発信しています。

おむすび
おむすび
先日、せどりをやろうとして初めて商品を仕入れたんだ。今日はAmazonに商品登録してFBA納品するところを解説するよ。

副業でせどりを始めたいけど、仕入れた商品を販売する方法とかよく分からないし作業が面倒そうだと思っていませんか?

実は僕もそう思っていました。

でも、やってみると思った以上に簡単にできました。

利益が出る商品を仕入れた後は、パソコンで「商品登録」と「納品準備」をして、「発送」するだけ。

この記事を読めば何も難しくなく、忙しいサラリーマンでも作業できてしまうことが分かります。

実際に僕は「商品登録」から「納品準備」まで10分で完了しました。

ぜひ最後まで読んで、せどりの作業が難しくないことを実感してください。

商品登録

おむすび
おむすび
今回は、これを商品登録してFBA納品するよ!

仕入れた商品をAmazon出品サービスで販売するためには、まず商品登録をする必要があります。

こちらからAmazon出品サービスにログインします。

Amazon出品サービスの管理画面「Amazonセラーセントラル」が表示されるので、画面上部メニューの「カタログ」にマウスカーソルを合わせることで表示される「商品登録」をクリックします。

商品登録画面が表示されますので、商品の型番を入力して「検索ボタン」をクリックします。

おむすび
おむすび
商品のバーコードに記載されている数字(JANコード)を入力すると一発で検索できるよ

ヒットすると商品が表示されます。

「出品制限が適用されます」をクリックすると、商品状態ごとの出品可否が表示されるので、「出品する」をクリックします。

出品情報を入力する画面が表示されるので、在庫数や販売価格を入力します。

出品者SKU

すぱ郎
すぱ郎
出品者SKUって何を入力すればいいんだ?
おむすび
おむすび
独自に在庫管理できる情報を入力するんだ。入力しなくてもいいんだけど、自分でルールを決めて上手に使うことで在庫管理を効率化できるよ。一応ヘルプも用意されているんだ。

「SKU」とは何ですか?

SKU(商品管理番号)とは、出品者が設定する、商品固有の識別コードです。SKUは出品者がAmazonに送信するすべての在庫ファイルに含まれていなければならない重要なデータです。Amazonは、出品者の在庫ファイルのSKUを使って、商品をカタログの該当する商品詳細ページに関連付けます(すでに商品詳細ページがある場合)。詳細は以下のとおりです。

  • 在庫ファイル上の全商品に必ず出品者固有のSKUが必要です。
  • 既存のSKUは変更できません。SKUは削除しない限り、カタログに残ります。つまり、在庫ファイルの 〝 123 〞 というSKUを 〝 ABC 〞 に変更しても、その変更はAmazonのシステムに反映されません。
  • すでに登録済みのSKU情報が記載されている在庫ファイルをアップロードすると、より新しいデータで既存のデータが更新または上書きされます。

在庫のSKUの役割について詳しくは、在庫ファイルの作成をご覧ください。

出典:Amazonセラーセントラルより

すぱ郎
すぱ郎
よ、よく分からない
おむすび
おむすび
つまり、商品ごとに出品者が「この商品」と識別できる情報をするんだ。自由に入力できるから、出品者独自のルールを決めればいいんだよ。

たとえば、2019年9月1日に在庫登録した場合は、“20190901”と入力したり、2019年9月1日に在庫登録した1品目の商品の場合は、“20190901_001”とするなどです。

他にも、新品で仕入れた場合はNewの”N”を含め、中古で仕入れた場合は”Old”の”O”を含めて“20190901N_001”とするなど、管理したい情報を自由に含めれば良いです。

おむすび
おむすび
ただし、この情報は購入者にも開示されるから、識別されて困る情報は含めない方が良いよ。
すぱ郎
すぱ郎
たとえば?
おむすび
おむすび
仕入れ価格とか。10,000円で販売している商品のSKUに“20190901N1980_001”なんて書いてあったら「1,980円で仕入れたのか?」と推測されたりするからね。

出品者SKUは、購入者に推測されない又は推測されても問題ない情報を自分でルールを決めて登録しましょう。

 

在庫数・販売価格

次に、在庫数と販売価格を入力します。

販売価格は、現在Amazonで販売されている価格を考慮して、いくらで売りたいかを決定します。

販売価格は後から変更することもできるので、現時点での希望販売価格で構いません。

 

コンディション

そして、商品のコンディションを選択します。

おむすび
おむすび
注意点としては、新品で仕入れた商品でもAmazonの出品者アカウントを登録したばかりのころは、「中古-ほぼ新品」で出品しよう。

Amazonは、登録したばかりのアカウントに対して厳しいチェックをかけてきます。

新品で出品している商品に対して真贋調査をしてくるのです。

新品で仕入れているので証明できれば問題ないのですが、面倒ですし万が一新品と信じてもらえなかった場合は、アカウントを凍結されてしまうので「中古-ほぼ新品」で出品することをおすすめします。

 

フルフィルメントチャネル

最後に、フルフィルメントチャネルを選択します。

おむすび
おむすび
自己発送かAmazon倉庫からの発送かを選択するんだ。

自分で発送せずFBA納品でAmazonの倉庫に商品を送るため「Amaoznが発送し、カスタマーサービスを提供します」にチェックを入れます。

全て入力したら「保存して終了」ボタンをクリックします。

 

納品手続き

商品が売れたら自分で発送する自己発送であれば、商品登録をすれば完了ですが、FBA納品をするためにフルフィルメントチャネルを「Amaoznが発送し、カスタマーサービスを提供します」にしておくと商品登録後に納品手続きに進みます。

規約確認にチェックを入れて「フルフィルメント by Amazon の利用を開始する」ボタンをクリックします。

初めてのフルフィルメント by Amazon 納品の画面が表示されるので、「納品準備を始める」ボタンをクリックします。

在庫管理画面が表示されます。

この画面に表示されてる商品を選んで納品手続きを進めることになります。

納品対象の商品の左側に表示されているチェックボックスにチェックを入れて「選択中x商品を一括変更」ボタンをクリックします。

FBA納品する商品が複数ある場合は、複数商品選択してください。

※xはチェックした商品の数によって変動します。

メニューが表示されるので「Amazonから出荷」を選択します。

FBA納品の注意事項が表示されるので、確認して「続ける」ボタンをクリックします。

FBA納品の対象を確認し、「納品手続きに進む」ボタンをクリックします。

「危険物情報を追加する」をクリックします。

電池を使用しているか、危険物に相当するか、という質問にそれぞれ回答して「送信」ボタンをクリックします。

「保存して次に進む」ボタンをクリックします。

発送元の住所を入力し、「この住所から納品」をクリックします。

表示された画面で、納品する商品の数量を入力します。

おむすび
おむすび
今回は、5つ納品するから”5″だね

数量を入力したら、「続ける」ボタンをクリックします。

次に、梱包条件を指定します。「商品グループを選択」をクリックします。

今回納品する商品が、選択肢に当てはまれば該当のもの選択してください。該当する選択肢がなければ、「梱包は必要ありません」を選択します。

商品グループを選択したら、「選択」ボタンをクリックします。

梱包要件の欄に、選択した情報が反映されていることを確認し、「続ける」ボタンをクリックします。

ラベル貼付の方法を設定します。

ラベルとは、Amazonの商品を購入すると箱などに貼ってあるバーコードのことです。

ラベル貼付は、自分でおこなうか、費用を支払ってAmazonに依頼することができます。

おむすび
おむすび
僕は、Amazonに依頼することにしました。1枚50円だから大した費用じゃないね。

ただしラベル貼付は、表示されるラベルをプリンターで印刷して貼り付けるだけなので難しい作業ではありません。少しでも費用を節約したい人は自分でラベル貼付しましょう。

なお「Amazonに依頼」を選択すると、ラベル印刷のボタンが押せなくなります。

ラベル貼付の設定を確認したら、「続ける」ボタンをクリックします。

納品IDが自動で作成されます。問題なければ「承認して次へ」ボタンをクリックします。

納品情報の確認画面が表示されます。全ての設定を確認し、問題なければ「納品作業を続ける」ボタンをクリックします。

配送方法を指定します。

輸送箱数を「1つ」または「複数」から選択します。

輸送箱ごとの商品数、輸送箱の数、輸送箱の重量、輸送箱の寸法をそれぞれ指定します。

輸送箱が複数ある場合は、「輸送箱の追加」をクリックして入力欄を増やします。

全て入力したら「確認する」ボタンをクリックします。

輸送箱に貼り付けるラベルの印刷画面が表示されるので、「配送ラベルを印刷」をクリックしてラベルを印刷します。

印刷用紙は、節約のために「A4 1枚あたり6ラベル」を選択すると良いでしょう。

印刷ができたら、「クリックすると納品が完了します」をクリックします。

こんなラベルが印刷されますので、ダンボール(輸送箱)に貼り付けましょう。

あとは、実際に配送会社に配送を依頼します。

発送後に荷物のお問い合わせ番号を入力します。

ここまできたら、あとは配送業者に荷物を預けるだけです。

 

発送(FBA納品)

おむすび
おむすび
というわけで、商品をAmazonに送ります

FBA納品でAmazonに荷物を送る時は、ダンボールのサイズや状態によっては受領してもらえないので、目的のサイズのダンボールをネットで注文するのがおすすめです。

【せどり実践】FBA納品用ダンボールの制限とおすすめの仕入れ先を解説 このブログでは、サラリーマンが老後資金2000万円を貯めるために、お金に対する考え方やどのように稼ぎ、増やしていくかということを...
おむすび
おむすび
小さいサイズなら配送所に持ち込んでもいいけど、時間短縮のためにも集荷がおすすめだよ

無事に荷物を配送業者に預けることができました。

おむすび
おむすび
梱包作業は、こちらの動画でも詳しく解説されているよ

荷物がAmazonの倉庫(フルフィルメントセンター)に届くと、搬入完了のメールが届きます。

これで、めでたくAmazonに商品が出品されます。

おむすび
おむすび
初めてのFBA納品だったけど、迷わずにできました

あとは、商品が注文されれば自動的に売り上げが立ってお金が振り込まれてくるだけです。

何も作業する必要はありません。

おむすび
おむすび
商品を仕入れた後の作業は、思った以上に簡単で手間が掛からないので、興味を持ったらとりあえず始めてみよう

せどりを始めるなら、Amazon出品サービスで小さく始めてみましょう。

【せどり実践】Amazon出品サービスの小口出品アカウント登録方法を詳しく解説 このブログでは、サラリーマンが老後資金2000万円を貯めるために、お金に対する考え方やどのように稼ぎ、増やしていくかということを...