お金を稼ぐ

ブログの始め方|おすすめWordPressテーマ「JIN」の設定手順を解説! -ブログ開設編-

おむすび
おむすび
こんにちは、おむすび(@omusubiz)です。 外資系コンサルティングファームに勤めているサラリーマンです。

前回の記事でレンタルサーバーにWordpressをインストールしました。これでブログが立ち上がり、記事を書いていくことができるようになりました。

しかし、ブログはまだ初期状態です。スマートフォンも新品を開封してもそのままでは使わないと思います。各種設定や必要なアプリなどをインストールしてから使い始めますよね。

WordPressもそのままでももちろん使うことはできますが、最低限の設定をしてから記事作成に着手するようにしましょう。

この記事では、設定の最初としてWordpressテンプレートをインストールします。前半でテンプレートを導入する目的、後半で実際にインストールする手順をご説明します。

このブログはすでに開設してしまっているので、blogger-note.comという独自ドメインで新しいブログを始めてみることを例にして解説しています

WordPressテンプレート導入の目的

WordPressテンプレートは、ブログのテーマを定義しているパッケージです。選んだテンプレートによって、ブログのデザインが全く異なるものになります。

テンプレートはすでにWordpressをインストールした時に入っているものを使い、必要に応じて自分好みのテーマになるように修正していくことも可能なのですが、裏で動いているHTMLやCSSといったファイルを修正しなければならず、プログラミング素人にはまず無理です。

そこで、そのような面倒な作業をショートカットするために、デザインが既に洗練されていて、使い勝手の良いテンプレートをインストールするのです。

WordPressテンプレート導入の前提

当たり前ですが、Wordpressテンプレートを導入するためには、Wordpress自体がインストールされ、管理画面にログインできている必要があります。

未対応の場合はこちらの記事を参考にWordpressをインストールしてください。

ブログの始め方|WordPress(ワードプレス)をインストールする手順を解説! -ブログ開設編- 前回はレンタルサーバーにドメインを設定する手順を解説しました。 この記事では、ブログ構築のプラットフォームであるWordp...

WordPressテンプレートの代表例

WordPressのテンプレートは無料のものから有料のものまで様々あります。無料のものでも良いテンプレートはあるのですが、ブロガーノートでは有料のテンプレートをお勧めします。

理由は、やはり有料なだけあって、デザインが洗練されていて且つ機能が充実して使いやすいからです。また、それでいて自由度も高いです。

もちろんデザインの良し悪しは、見る人にとって異なると思いますので、無料のものから有料のものまで、ご自身で色々見て決めるのが良いでしょう。

使ったことのあるテンプレートは以下2点です。

  • JIN
  • STORK

もともとSTORKを使用していたのですが、周りにJINユーザーが多かったことや1ライセンスで複数ブログに導入できることからJINに切り替えました。

やはり、困った時に相談できる人が近くにいることは重要ですね。また複数ブログ運営するのであれば、機能が統一されている方が効率的でしょう。

WordPressテンプレート「JIN」のインストール手順

それでは、JINのインストール手順を説明していきます。

JINの購入・ダウンロード

まずは、JINの販売サイトにいってJINを購入します。

JINの購入・ダウンロード

JINの価格は税込みで14,800円です。動作環境なども確認してください。ダウンロードボタンをクリックすると下のような画面が表示されるので、メールアドレスとクレジットカード情報を入力してボタンをクリックします。

WordPressテーマJINの購入

そうすると、入力したメールアドレス宛にJIN運営チームからメールが届きます。

JINテーマ購入後のメール

メールにはこの下にダウンロードページへのリンクとパスワードが記載されていますので、リンク先にアクセスして、パスワードを入力しテンプレートファイルをダウンロードします。

JINテーマデータのダウンロード

jin.zipというファイルがダウンロードされます。

jinのデータ圧縮ファイル

子テーマのダウンロード

ここで、JINをWordpressにインストールして使い始めたいところなのですが、ちょっと待ってください。

WordPressテンプレートには、親テーマと子テーマという概念があります。

テンプレートには、バージョンという概念があります。テンプレートに機能追加したり、不具合を改修したりすると、バージョンが上がったテンプレートが再配布されます。ユーザーは、バージョンアップしたテンプレートを再度インストールしますね。

その際に、それまでにテンプレートに対してブログ内でカスタマイズを加えていたりすると、テンプレートを再インストールした時に消えて無くなってしまいます。そうなるとバージョンアップしたテンプレートにも同じカスタマイズを手でやり直さなければなりません。これは非常に面倒です。

そうならないように、本来のテンプレートを親テーマとし、それとは別に子テーマを用意して、カスタマイズは子テーマに対して行うようにします。

子テーマで定義していることはこテーマが優先され、それ以外のことは親テーマの定義に従うように作られているので、テンプレートのバージョンアップがあった時には、親テーマをバージョンアップするのですが、子テーマはそのままなので、カスタマイズした内容が消えてしまうのを防ぐことができます。

子テーマを取得するには、JINの子テーマのダウンロードページにアクセスしてダウンロードするだけです。

JIN子テーマのダウンロード

jin-child.zipというファイルがダウンロードされます。

JIN子テーマのデータ圧縮ファイル

JINのインストール

ファイルをWordpressにアップロードして、ブログをJINのテーマに変更していきます。

WordPressの管理画面にログインします。

WordPressログイン画面

左側のメニューから「外観」→「テーマ」をクリックします。

WordPress:外観

テーマの一覧が表示されるので、新規追加をクリックします。

WordPress:テーマのインストール

無料でインストールできるテーマの一覧が表示されますが、テーマのアップロードをクリックします。

WordPress:テーマのインストール

「ファイルを選択」をクリックし、jin.zipを選択します。

WordPress:テーマのインストール

「今すぐインストール」をクリックします。

WordPress:テーマのインストール

jin.zipがインストールされました。「テーマのページに戻る」をクリックします。先ほども説明したように、有効化するのはjin.zipではなく、jin-child.zipですのでご注意ください。

WordPress:テーマのインストール

同じ流れで、jin-child.zipをインストールします。

WordPress:子テーマのインストール

jin-child.zipがインストールされたら、「有効化」をクリックします。

WordPress:子テーマのインストール

これでJINテンプレートが有効になりました。このようにJINではなく、jin-childが有効になっていれば完了です。

WordPress:JINの設定

次の手順

JINテンプレートを適用したことで、あなたのブログデザインが一気に洗練されたのではないでしょうか。

次回は、ブログのアクセス数などを集計・分析するためにGoogleアナリティクスを設定していきます。

それでは、おつかれさまでした。