お金を稼ぐ

転職エージェントとは?現役コンサルタントが選び方とおすすめの活用法を解説

おむすび
おむすび
こんにちは、おむすび(@omusubiz)です。 転職エージェントを通じて2回転職して年収1300万円稼いでいる外資系コンサルタントのサラリーマンです。
すぱ郎
すぱ郎
最近仕事がキツくて副業の時間もあんまり取れないんだ。先輩に相談しても、忙しいのはキツイのはみんな一緒だって話も聞いてくれないし。。。
おむすび
おむすび
うーん、職場環境が良くないなら転職も視野に入れてみるといいよ。
すぱ郎
すぱ郎
でも今までずっとこの会社で働いてきちゃったし、おいら転職なんてできるか分からないよ。
おむすび
おむすび
それなら転職エージェントを活用してみることをおすすめするよ。転職エージェントならちゃんとカウンセリングをした上でおすすめの求人を紹介してくれるし、キャリア相談にも乗ってくれるから。
すぱ郎
すぱ郎
でもまだ転職するって決めたわけじゃないしなぁ。。。
おむすび
おむすび
大丈夫!転職エージェントに相談したら転職しなくちゃいけなくなるわけじゃないんだ。そのあたりも含めて転職エージェントのことをちゃんと説明するね。

今の仕事に満足していない人は、あなただけではなく世の中にたくさんいます。

「仕事が忙しすぎて生活が家と職場の往復になっている」

「今の職場の人間関係がつらい」

「もっとやりがいのある仕事をしたい」

「今の仕事の経験を生かして全く別の仕事をしたい」

今の仕事に満足していない理由はネガティブなものからポジティブなものまで様々ありますが、今の会社で働いたことが無い人の多くは、転職は自分には縁のないものという理解をしてしまっています。

働き方に多様性が出てきた今の時代、転職はどんなサラリーマンにとっても珍しいことではありません。

すぱ郎
すぱ郎
そうは言っても、、、

この記事では、そんな「今の職場に満足していないけど、どうすればいいかわからない、転職するのも不安」という悩めるサラリーマンのために転職エージェントの実態と活用方法、おすすめの転職エージェントを解説します。

おむすび
おむすび
最後まで読むことで転職エージェントを上手に活用する方法が理解できますよ。

転職エージェントとは

転職エージェントは転職を希望している人と、人材募集をしている企業をマッチングするサービスです。企業の求人情報を多数把握していて、転職希望者のニーズにマッチした求人を紹介してもらえます。

転職希望者の転職支援として、希望にマッチする求人の紹介、先方企業との面接のアポ取り、採用後のフォローアップまで親身に対応してくれます。

また転職エージェントは転職希望者だけではなく、人材募集している企業の採用担当者とも蜜にコミュニケーションを取ります。

企業は人材募集にあたって転職エージェントに求人の条件などを伝えたりしているので、転職エージェントは企業の採用担当者とも密にコミュニケーションを取っていて、企業の事情にも精通しています。

転職エージェントの仕組み

転職希望者は転職エージェントを無料で利用することができます。

すぱ郎
すぱ郎
なんで無料なんだ?
おむすび
おむすび
転職エージェントは転職希望者を転職させたら企業からインセンティブがもらえるからなんだ。

転職エージェントの収入源は、希望者を転職させた企業から受け取れる成果報酬です。

転職エージェントの目的は人材募集している企業と転職希望者のマッチングです。転職希望者が転職先を探しているのと同じように、企業側も戦力となる人材を欲しているのです。

転職エージェントは日頃から転職希望者とコミュニケーションを取っているため、転職希望者の規模や傾向を熟知しています。

そのため企業は転職エージェントに採用したい人物像を伝えて、転職エージェントにお金を払って適した人材を探してもらった方が、自分たちで採用活動をするよりも効率的なのです。

だからこそ企業は転職エージェントにお金を払うし、転職エージェントとしては転職させないと報酬が受け取れないので、企業と転職希望者のマッチングを本気でやります。

転職希望者が無料でも成り立つのは、転職エージェントと人材募集している企業がwin-win関係で成り立っているからなのです。

ただし注意しなければいけないのは、転職エージェントが報酬欲しさに無理やり企業と転職希望者をマッチングすることがあるという現実です。転職エージェントは転職希望者を転職させないと報酬が受け取れないので、報酬欲しさに無理やりマッチングさせようとするエージェントがいるのです。

転職エージェントのメリット

今の会社に満足していない人にとって転職エージェントはメリットがたくさんあります。

【転職エージェントのメリット】

  1. 無料でキャリア相談ができる
  2. 非公開求人も含め条件の良い求人を提案してもらうことができる
  3. 面接や書類対策のアドバイスがもらえる
  4. 選考日程や報酬額など企業との交渉を代わりにしてもらえる
  5. 入社後のフォローアップをしてもらえる

①無料でキャリア相談ができる

転職までは考えていないけど、今の会社に不満がある」という人なら誰でも使うべきだと思う理由がこれです。

会社外のキャリアのプロに無料でキャリア相談できるのが転職エージェントです。転職エージェントは色んな企業や人を見てきている人材のプロです。

キャリアカウンセラーとなって、あなたのモヤモヤとした悩みを聞いてもらい、今後の進むべき方向性についてアドバイスをしてくれます。

すぱ郎
すぱ郎
無料なのになんでそんなに親切なんだ?
おむすび
おむすび
転職エージェントの成績に直結するからだよ。

転職エージェントのビジネスモデルは転職希望者を企業に転職させて、企業から報酬をもらうことで成り立っているのですが、転職者がちゃんと企業に定着しないと報酬を返金しなければなりません。

そのため転職エージェントも転職者と企業の双方が納得するように、転職希望者の現状と希望をしっかりヒアリングし、今後のキャリアプランについて真剣に考えてくれるのです。

②非公開求人も含め条件の良い求人を提案してもらうことができる

転職エージェントは、世の中に公開されている求人情報だけでなく、企業から特命で任された求人情報も持っています。

企業を取り巻く環境は様々で、たとえば新しいプロジェクトをやるのに外部から人材を採用しなければならない場合、求人を公開してしまうと競合他社に自社がやろうとしているプロジェクトや企業戦略が知られてしまうというリスクがあります。

企業戦略を他社に漏らさないためにも、転職エージェントを活用して即戦力となる人材を採用しているのです。

非公開求人すべてが良質な求人とは言いませんが、非公開求人の中にこそ求めていた求人があった、ということはよくあるのです。

おむすび
おむすび
非公開求人も含めた豊富な求人の中から希望者にとって最適な企業を紹介してもらえるよ。

③面接や書類対策のアドバイスがもらえる

転職エージェントは転職希望者が実際に企業に対して提出する書類や面接についてもアドバイスしてもらえます。

すぱ郎
すぱ郎
そんなことまでしてもらえるのか!
おむすび
おむすび
転職エージェントにとっても採用されてほしいからね。

転職エージェント経由で希望者が企業に申し込むということは、「転職エージェントが企業の求人ニーズに対してオススメの人材を紹介する」ということです。

転職エージェントが自信を持って企業に推薦するので、「転職希望者が企業に採用される」という目標に対して転職エージェントと転職希望者はWin-Winの関係になります。

そのため転職エージェントは転職希望者が採用されるように職務経歴書の書き方や面接対策などをアドバイスしてくれるのです。

④選考日程や報酬額など企業との交渉を代わりにしてもらえる

転職エージェントは企業の採用担当との窓口にもなってくれます。

転職希望者は企業に対してどうしても弱気になってしまうものです。

「面接の日程、本当は違う日にしたいけど仕方ないか」

「入社時の年収もう少し欲しかったなぁ」

転職希望者から企業には直接言いにくいことも、転職エージェントは代弁してくれて企業との交渉もしてくれます。

企業にとっても何人もいる転職希望者とコミュニケーションするのは非常に大変です。転職エージェントがまとめて対応してくれるので、交渉事も進みやすくなります。

⑤入社後のフォローアップをしてもらえる

転職エージェントの紹介で転職すると、転職エージェントからの手厚いフォローアップが期待できます。

転職したばかりだと何かと不安になるものです。人事制度や社内文化に馴染むまで落ち着かないことが多いですが、転職エージェントに相談すれば色々なアドバイスをしてもらえます。

転職エージェントも転職させて終わりなのではありません。転職者が一定期間企業に定着しなければ報酬はナシになってしまうからです。そのため、できるだけ転職者に新天地で居心地よく仕事をしてもらうために、できるフォローは全力でしてくれるのです。

すぱ郎
すぱ郎
すごいな!無料なのに至れり尽くせりじゃないか。
おむすび
おむすび
そうなんだ。転職を考えている人はもちろん、今の職場に悩んでいるなら転職エージェントに相談してみることをオススメするよ。

転職エージェントのデメリット

すぱ郎
すぱ郎
よし分かった!ちょっと転職エージェントに登録してくるわ!
おむすび
おむすび
その前にデメリットについても触れておくよ。デメリットを理解した上でしっかりと活用しよう。

良いこと尽くしの転職エージェントですが、デメリットもあります。

【転職エージェントのデメリット】

  1. 転職者の希望を無視してマッチングさせられることがある
  2. エージェントのスキルが低いことがある
  3. 企業側の期待値が高くなる

転職について自分でしっかりと考えて行動できればいずれも問題ないのですが、大きなデメリットとしては3つ挙げられます。

①転職者の希望を無視してマッチングさせられることがある

転職エージェントの最大のデメリットは、担当するエージェントに明確な当たり外れがあることです。

担当したエージェントによっては、自分のノルマ達成のために望まない転職を無理やりさせてくることがあります。

現状の不満、やりたいこと、キャリアプランなどをカウンセリングで話したにも関わらず、「その業界は合わない」、「こっちの企業の方が待遇が良い」などと言って転職希望者の理想とする企業とはかけ離れた企業を紹介してくることもあります。

転職エージェントも人間です。転職させることができれば報酬をもらうことができ、転職させられなければ報酬は一切入ってきません。そんなシビアな中でノルマを課せられるのですから、転職させようと必死になることも想像できます。

転職エージェントに登録するときにしっかりとしたキャリアプランや自分の軸がある人は少ないかもしれませんが、転職エージェントのカウンセリングを受けて自分のこれまでのキャリアとこれからのことを思い描くようにしてください。

キャリアの棚卸しができたら自分の中でしっかりと軸を作って転職エージェントに流されないようにしましょう。「迷ったらやめる」という判断もアリです。

②エージェントのスキルが低いことがある

意図的に希望に沿わない企業を紹介して転職させようとすることはありますが、エージェントのスキルが低いことで満足のいく転職にならないこともあります。

中途入社などで転職エージェントに入ったばかりの人が担当者になってしまったときには、エージェントがいくら本気で対応してくれていたとしても、理解のある業界や知っている求人情報が限られてしまうので、満足のいく転職にならない可能性があります。

経験不足のエージェントはカウンセリングの時点で分かります。たどたどしく慣れない感じであれば要注意です。担当エージェントを変更してもらうことも可能なので、できるだけ早いタイミングで信頼できそうなエージェントかしっかりとチェックするようにしましょう。

③企業の期待値が高くなる

転職エージェント経由の転職は、エージェントにオススメされて転職することになりますし、企業はエージェントに対して高額の報酬を支払わなければならないため、企業側の期待値も当然のようにアップします。

「そんなに期待されても」

「そんなスキル持ってないよ」

入社してから企業の期待値が高すぎることに気がつくことがあります。考えられる原因は2つです。

  1. エージェントとのカウンセリングでキャリアを盛っている
  2. エージェントが企業に対して推薦理由を盛っている

採用面接の場では事実ベースでしっかりとお互いの認識を合わせれば良いのですが、最初のエージェントとのカウンセリング(面談)で、自分をよく見せようとこれまでの経験を誇張して語ったり、経験してきてないことを語ったりすると、その情報をエージェントが企業側に伝えられてしまいます。

また、ノルマ達成を重視したエージェントが、採用されるように実際のキャリア内容を意図的に盛って企業側に説明してしまうこともあります。

入社してから企業とのミスマッチに気づかないように、自分のキャリアは事実に基づいて盛らずに話すようにしましょう。

エージェントが勝手にキャリアを盛って話してしまうことについては、エージェントを見極める目を持つ必要があります。エージェントの見極め方については後ほど解説します。

おむすび
おむすび
転職エージェントも人なので、担当者によってはデメリット要素が出てしまうこともあります。本気で転職を考えるときには自分の担当者になってくれたエージェントをしっかりと見極めるようにしよう。

転職エージェントを活用すべき人

すぱ郎
すぱ郎
メリットがたくさんあることは分かったけど、結局おいらは使ったほうが良いのか?
おむすび
おむすび
今の会社で悩んでいるなら使ってみた方が絶対に良いよ!それに無料で利用できるしね。

こんな人は転職エージェントを活用しないと損です。

【転職エージェントを活用しないと損する人】

  1. 自分のキャリアを棚卸しして客観的な市場価値を知りたい人
  2. 転職する気はあるが、求人を自分でイチから探す時間が無い人
  3. 希望する企業にアピールできる職務経歴書の書き方や面接対策に自信が無い人

①自分のキャリアを棚卸しして客観的な市場価値を知りたい人

おむすび
おむすび
転職エージェントを活用すべき最大の理由はこれだね!

「転職するかまだ決めかねてるけど、まずは自分が転職できるのか知りたい」

転職エージェントはこのような悩みを解決してくれます。今までずっと1社で勤め上げてきた人も多いと思いますが、終身雇用制度が崩壊した今、転職は珍しいことではなくなってきていて、新卒で入社した企業で定年まで勤め上げられる保証も薄れてきました。

2回、3回と転職を繰り返してキャリアアップしていく人もたくさん見かけるようになってきています。

すぱ郎
すぱ郎
キャリアアップねぇ、、、そんなに高い志はないんだけども
おむすび
おむすび
キャリアアップだけが目的じゃないよ。今後も同じ会社で仕事を続けるとしても、いざというときに他社に転職できるだけの市場価値があるのかを知っておくということは非常に有益なことなんだよ。

転職エージェントを活用すれば、今まであなたが積み上げてきたキャリアが転職市場でどのように評価されて、どのような転職先が選択肢として考えられるのかアドバイスをもらうことができます。

市場価値を知るには社外の客観的な目が必要ですが、転職エージェントは客観的な視点だけでなく、人材のプロとしての経験と転職市場の情報量も持っているため、信頼できる評価をもらうことができるのです。

今すぐに転職するつもりが無い人でも、極端なことを言うと今の仕事に何の不満も無いサラリーマンでも市場価値を知るために転職エージェントと面談した方が良いとすら思います。

転職エージェントは相談から実際の転職まで完全無料で利用できるので、活用しない手はないです。

②転職する気はあるが、求人を自分でイチから探す時間が無い人

おむすび
おむすび
忙しいサラリーマンは時間を節約して転職を成功させるためにも転職エージェントを活用すべきなんだ。

転職エージェントは転職希望者と企業をマッチングさせる場面で本領を発揮します。

転職を考えている人が転職活動をする場合、まずどんな企業が人材を募集しているのか、求人を探すところから始まります。集めてきた求人情報から自分のキャリアや希望条件とマッチする企業を絞り込んでいきます。そして最終的に転職したいと思う企業に対して申込みをします。

質問です。

毎日仕事をしている忙しいあなたは、空いた時間でここまですることができますか?

 

絶対無理、とまでは言いませんが非常に大変ですよね。満足のいく転職ができるとは思えません。

そんな余裕の無い忙しいサラリーマンの強い味方が転職エージェントです。転職エージェントは忙しいあなたに変わってあなたのキャリアや希望条件やキャリアにマッチする企業をプの目で厳選してくれます。

あなたは一度だけ時間を作って転職エージェントに今までの経験と転職先に求める希望条件を話すだけで、マッチする企業を紹介してもらえるのです。

③希望する企業にアピールできる職務経歴書の書き方や面接対策に自信が無い人

企業の採用ステップにおいても転職エージェントは強い味方です。

「転職を経験したことがないから職務経歴書の書き方が分からない、、、」

「採用面接を受けたのなんて学生の頃だから自信がない、、、」

転職活動はかなりストレスがかかります。今の職場に迷惑がかからないように時間を捻出して転職活動をすることはもちろん、職務経歴書を作成したり採用企業の面接を受けたりしなければいけません。

書類作成や面接の対策が十分にできていないと、本来持っているあなたの市場価値を理解してもらえずに採用見送りになってしまう、、、なんてことにもなりかねません。

転職エージェントを活用することで、職務経歴書や履歴書作成のアドバイスや面接対策をしてもらえるので、自信の無い人は積極的に活用しましょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

すぱ郎
すぱ郎
ところで転職エージェントって転職サイトとは違うのか?
おむすび
おむすび
転職エージェントと転職サイトは明確に違う。転職サイトは転職エージェントと違って求人情報を自分で探す必要があるんだ。

転職サイトは求人情報が多数掲載されているサイトです。

転職エージェントと違い、エージェントとのコミュニケーション不要で豊富な求人情報をチェックできるのがメリットです。一方で、自分の希望にマッチする求人を自分で厳選しなければいけない手間があります。

おむすび
おむすび
本気で転職活動するなら転職エージェントを活用した上で、転職サイトで補足的に求人情報を収集するのがオススメの使い方だよ。

転職エージェントも転職サイトも一長一短があるので活用方法が異なりますが、今の会社に不満があるけど転職することまで本気で考えていない人はまず転職エージェントに登録してエージェントにキャリア相談するのをオススメします。

転職エージェントの選び方

すぱ郎
すぱ郎
転職エージェントを使った方がいいってことはよく分かったけど、どの転職エージェントにすればいいんだ?どこでもいいのか?
おむすび
おむすび
転職エージェントには総合型と専門特化型の2種類があって、特に希望の業界を絞っていない場合は総合方を選ぶようにしよう。

転職エージェントは扱う業界の広さの観点から「総合型」と専門特化型の2つのタイプがあります。

総合型は特定の業界に偏らず、様々な企業の求人を扱っています。転職エージェントの規模自体も大きく求人数も多いです。一般的に「大手転職エージェント」という括りには総合型の転職エージェントが入ります。

ただし、有名な大企業の求人ばかりを扱っている訳ではなく、優良な中小企業やベンチャー企業の求人情報も持っています。

総合型の転職エージェントは傾向的に規模が大きいので、求人情報数の豊富さだけでなく書類や面接対策などの転職活動のケアも手厚いのが特徴です。

専門特化型は総合型とは逆に特定の業界に特化しています。特化している分、その業界には非常に詳しく企業からの信頼もあります。業界に特化した転職エージェントなので実際にカウンセリングから求人紹介まで担当するエージェントの人たちもその業界で働いていた経験者であることが多いので、企業に関する情報や転職のアドバイスが非常に具体的かつ正確です。

すぱ郎
すぱ郎
なるほどなー。自分のキャリアをしっかりと考えられていないうちは幅広い求人を扱っている総合型がいいのか。
おむすび
おむすび
そうだね。サラリーマンとしての市場価値を知る目的としても総合型の転職エージェントにすべきだよ。

転職エージェントおすすめ2選

すぱ郎
すぱ郎
それで結局なんて転職エージェントがいいんだ?
おむすび
おむすび
僕が実際利用してみて本当におすすめできる転職エージェントはこの2つだよ。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメント』はハイクラスの求人を多数扱っている総合型の転職エージェントです。エージェントも非常に丁寧にキャリアや希望職種などをヒアリングしてくれて安心感を与えてくれます。

おむすび
おむすび
JACリクルートメントは総合型転職エージェントの中では数少ない「両面型」の体制を取っていて、多くのエージェントから求人企業の実態や細かい部分を聞くことができるんだ。

転職エージェントは転職希望者と求人企業の2方向とコミュニケーションをとる必要があるのですが、転職希望者を担当するエージェントと企業を担当するエージェントが分かれる「片面型」と、双方を担当する「両面型」があります。

「片面型」は転職希望者の担当と企業の担当が分かれる分業制なので、求人数を多く扱うことができる一方で、転職希望者を担当するエージェントは企業の採用担当者とコミュニケーションを取らないので、企業の実態は深い情報まで把握している訳ではありません。

その点「両面型」は双方を担当することになるため、転職希望者がコミュニケーションするエージェントは企業の採用担当者ともコミュニケーションを取っているため、企業の実態を正しく把握していて詳細な情報を教えてくれるため、求人のミスマッチが起きにくいのです。

また企業ごとの採用のクセや傾向も把握しているので、面接対策も的確です。

さらに「片面型」の場合は、相談するエージェントが1人なので、その1人が自分のノルマ達成のためにあまり転職希望者のことを考えてくれないような”ハズレ”だと目も当てられないのですが、「両面型」の場合は紹介してくれる企業ごとに別の担当者が説明してくれるので、エージェントの質を見極めた上で安心できる人と密にコミュニケーションを取ることもできます。

「キャリア相談は安心できるあの人に、希望先の情は企業を担当しているあの人から」といったことが可能なのです。

デメリットとしては取り扱っている求人数が「片面型」の大手総合型転職エージェントよりも少ないことですが、その分扱っている求人の質が非常に高いので問題ありません。

おむすび
おむすび
転職エージェントを選ぶ基準は求人数の数じゃないからね。理想的な1社を見つけられるエージェントがベストだよ。

JACリクルートメントはどなたにもオススメできる転職エージェントなので、まだ迷っているという人でも登録して実際にカウンセリングを受けてみることをオススメします。

パソナキャリア

パソナキャリア

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリア』は総合型の大手転職エージェントです。もともと人材派遣サービスを手掛けていたことから非常に多くの企業とのつながりを持っています。

パソナキャリアの特筆すべきところは、エージェントの質です。転職した経験もなく自分のキャリアもしっかりと定まっていない不安でいっぱいの人に対しても、非常に丁寧に対応してくれます。

転職エージェントは求職者を企業に転職させて報酬を得ているので、どうしてもノルマや「転職させること」を優先しがちです。ですがパソナキャリアは自社やエージェントの利益優先といった態度は一切なく、転職希望者に寄りそってしっかりとキャリアを考えてくれます。

決して転職を急がせることもなく、他の転職エージェントも利用していることを伝えても嫌な顔を一切せずに向き合ってくれるので、広く情報収集するためにパソナキャリアでも相談してみ流ことをオススメします。

すぱ郎
すぱ郎
えっ!?オススメは2社だけなの?それだけで大丈夫?
おむすび
おむすび
全く問題ないよ!ちなみに他にもビズリーチとかdodaエージェントとかマイナビエージェントを使ってみたけど、エージェントの質はJACリクルートメントやパソナキャリアの方が良かったかな。

相談する転職エージェントは少なくて良いです。転職エージェントに何社も登録しても現状の仕事で忙しいのにそれぞれのエージェントと個別に面談して、それぞれのエージェントから送られてくる大量の求人情報をチェック仕切れるはずがありません。

厳選した1社か2社に相談しましょう。JACリクルートメントとパソナキャリアは実際に使った結果、非常に安心して利用でき結果としてJACリクルートメントやパソナキャリアを通じて転職しているので文句なくオススメできます。

転職エージェント利用の流れ

すぱ郎
すぱ郎
転職エージェントの選び方は分かったけど、どうやって利用すればいいんだ?企業と面接するまでのイメージが全くわかないんだけど。
おむすび
おむすび
転職エージェントを利用した転職活動の流れはこんな感じだよ。
  1. 転職エージェントの登録
  2. エージェントと面談
  3. 求人紹介
  4. 求人選定・エントリー
  5. 選考(書類・面接)
  6. 内定・意思決定
  7. 退職交渉
  8. 転職

まず転職エージェントに登録しないと始まりません。転職エージェントのサイトからあなたの現在の勤務先や希望職種などを入力して登録します。

登録すると面談の日程調整をするメールが届くので日程調整をします。面談は転職エージェントのオフィスで実施します。

面談当日はあなたのこれまでの経験や今後のキャリア志望を詳しくエージェントと話します。変に緊張する必要はなく気楽な感じで対応すれば良いす。

エージェントはヒアリングした内容から適した求人を複数紹介してくれます。その場で紹介してくれる求人もあれば、後日メールで紹介してくれる求人もあります。大抵の場合、複数の求人を案内してくれます。

機械的に20件も30件も求人が送られてくるようなことはありません。そこが転職サイトにはない転職エージェントの良いところです。

紹介された求人の中から気になる企業を絞り込んで、必要に応じて電話やメールなどでエージェントに気になる点を確認することができます。

最終的に求人に応募する場合は、エージェントに企業に応募することを伝えるだけでOKです。エージェントが企業との間に入って面接の日程調整をしてくれます。

面接当日までに履歴書と職務経歴書を用意します。職務経歴書は特に早めに用意するようにしてエージェントにチェックしてもらうことをオススメします。

あとは面接を何度か実施して無事内定が出たら転職の意思をエージェント経由で伝えます。直接意思確認されることもありますが、企業側にはエージェント経由で伝えると断ることもできます。

年収の条件に不満がある場合はエージェントに伝えれば本人に代わって交渉してくれます。

条件が折り合えば晴れて正式内定です。あとは現在の職場で退職の意思を伝えて退職日を決めます。転職することが決まったらトラブルにならないためにも早めに退職交渉を始めましょう。

【体験レポート】転職エージェントとの面談の流れと事前に準備しておくことを解説 転職を考えていて転職エージェントに登録するとすぐに、転職エージェントからメールや電話で「面談の日程調整連絡」が来...

今の仕事に不満があるなら転職エージェントと面談してみよう

すぱ郎
すぱ郎
なんとかイメージできた!転職エージェントに相談しておいらの市場価値聞いてくるわ!
おむすび
おむすび
そうだね。転職の意思が強くなくても転職エージェントは利用できるから、まずは今の仕事に不満を持っていることと、自分にどんな転職先候補があるのかを相談してくると良いよ。

転職エージェントのオススメの活用方法はあなたの「キャリアアドバイザー」になってもらうことです。自分では分からないあなたの市場価値を見定めてもらうことができますし、これまでの経験と希望するキャリアを聞いて的確なアドバイスをもらうことができるからです。

市場価値を確認してキャリアプランがしっかりと固まってきたら、そのキャリアプランに沿った求人企業があるか改めてエージェントに相談するといった心持ちで十分です。

一社で多くのエージェントと会話することができる「両面型」のJACリクルートメントがオススメです。