固定費見直し

【固定費見直し】日経新聞を無料で読んで年間6万円節約する方法を徹底解説!

おむすび
おむすび
こんにちは、おむすび(@omusubiz)です。 外資系コンサルティングファームに勤めているサラリーマンです。

老後資金として2000万円を用意するためには、毎月一定額を投資にまわして、コツコツと資産を築いていくことが必要です。

とはいっても、投資の原資を追加で稼ぐのは大変です。

もし、固定費を削減して毎月一定額を捻出できると、負担なく資産運用を開始できるはずです。

すぱ郎
すぱ郎
でも、固定費を削減するんだから生活の質は下がるでしょ。

固定費を削減する対象はいくつもありますが、確かに削減することによって生活レベルが下がることはあります。

おむすび
おむすび
じゃあ、新聞は読んでる?
すぱ郎
すぱ郎
もちろん!日経新聞を読んでるよ。毎日新鮮な情報に触れることは大切だからね。
おむすび
おむすび
よし、じゃあ日経新聞を解約しよう。
年間約6万円も節約できるよ。
すぱ郎
すぱ郎
さっきの話聞いてた?
生活の質が下がるって言ったばっかりじゃん!
おむすび
おむすび
それが日経新聞は、ある方法を使うと無料で読むことができるんだ。
生活の質を落とさずに固定費を削減できるんだよ。
ゆり
ゆり
そんな方法があるの?教えて!

なんと、この記事では、日経新聞を無料で読む方法を説明しちゃいます。

何も我慢することなく新聞代をしっかりと浮かせることができますよ。

 

日経新聞は毎月4,900円掛かっている

すぱ郎
すぱ郎
本当に日経新聞が無料になるの?日経新聞って結構高いから、それだけコストも掛かっているだろうし、無料で読めるサービスなんて普通に考えたら無いでしょ!

日経新聞を購読するには月額4,900円もかかるんです。

日本経済新聞料金表

月額4,900円、年間で考えると実に58,800円と、約6万円の出費です。

毎月4,900円を支払えるだけ稼ごうと思ったら、時給1,000円の人だと7時間くらい働かなければなりません。

ゆり
ゆり
税金のことを考えると5,000円じゃ足りないもんね。

毎月1日、年間にして12日間の労働に値します。

すぱ郎
すぱ郎
新聞は必要ってよくいうじゃん。それは仕方ない出費だと思うけどなぁ。

確かに新聞は日本や世界で起きている日々のニュースをプロが編集してくれているので、有益な情報であることに変わりはなく、活用の仕方によっては毎月4,900円という金額はコストパフォーマンスが良いと思います。

では、もしこの日経新聞を無料で読めるとなったらどうでしょうか。

すぱ郎
すぱ郎
そりゃあ今すぐ解約して無料で読むでしょ!

実は日経新聞を無料で読む方法があるのです。

 

日経新聞は無料で読める

おむすび
おむすび
結論から言ってしまうと、実は楽天証券を使うことで日経新聞が無料で読めるんだ。
ゆり
ゆり
楽天証券?

楽天証券は、ネットで展開している証券会社で、様々な証券取引を行うことができます。

\日経新聞を無料で読もう/

 

おむすび
おむすび
楽天証券アプリのメニューから日経新聞を読めるようになっているんだよ。
iSPEED - 楽天証券の株アプリ

iSPEED – 楽天証券の株アプリ

無料posted withアプリーチ

 

 

▼アプリをダウンロードして楽天証券のIDでログインすると下のようなマイページが出てきますので、右下のメニューをタップします。

楽天証券アプリ「iSPEED」のマイページ

 

▼メニュー画面が表示されるので下の方にスクロールしていきます。

 

▼日経テレコンというメニューが表示されるのでクリックします。

日経テレコンというメニューが表示されるのでクリック

 

▼利用許諾条項が表示されるので「同意する」をタップします。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む:規約ページ

 

▼日経テレコンのサービスが表示されますので、右上のハンバーガーメニューをタップします。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む:TOPページ

 

▼「きょうの新聞」をタップします。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む「きょうの新聞」

 

▼日経新聞記事の一覧が表示されました。ここで日経新聞を無料で読むことができるのです。新聞の発行日と新聞の種類を変更することができます。

日経新聞を無料で読む「今日の新聞」

 

▼日付表示部分の「変更」をタップすると、過去3日分までさかのぼることができます。

日経新聞を無料で読む「日付を変更する」

 

ゆり
ゆり
確かに、3日間分しか読めないんだね。

 

▼もう一方の「変更」をタップすると、新聞の種類を変更することができます。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む「媒体を変更」

 

すぱ郎
すぱ郎
えっ!?日経新聞だけじゃなくて、日経産業新聞とか日経MJも読めるの?
紙の新聞なら別料金じゃん!
おむすび
おむすび
そうなんだよ。全部読んだら月額1万円くらいするよね。

 

▼実際に記事を読むときは、記事一覧のリンクをクリックします。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む「記事リンク」をクリック

 

▼記事がテキストになっているからスマホでも読みやすいし、スマホなので満員電車で読む時も、新聞のように周りの人を邪魔しないですよね。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む

 

▼スクロールするとこんな感じ。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む
ゆり
ゆり
普通にニュースアプリと一緒だね!

▼一番下までスクロールすると、実際の記事のPDFが置いてあります。タップすることで紙の新聞のイメージをダウンロードして読むことができます。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む

▼紙の新聞のイメージそのままです。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む:紙のイメージでそのまま読む

▼もちろんスマホをズームして読むこともできます。日経新聞の電子版と同じ容量です。

日経新聞(日経テレコン)を無料で読む:紙のイメージでそのまま読む

 

すぱ郎
すぱ郎
これはすごいや!日経新聞はこれで十分だわ!

楽天証券のサービスを利用すれば、日経新聞、日経産業新聞、日経MJが無料で読める!

\日経新聞を無料で読もう/



 

日経新聞を無料で読む手順

ゆり
ゆり
どうすれば無料で読めるの?

日経新聞を無料で読む方法は簡単。

楽天証券に口座を開設する

これだけ。

すぱ郎
すぱ郎
うそでしょ?日経新聞って月5,000円もするんだよ?
ゆり
ゆり
口座開設するだけで読めちゃうの?
すぱ郎
すぱ郎
実は条件があって、口座に100万円入金しないといけないとか、月に1回株取引をしなきゃいけないとか。
おむすび
おむすび
いえ、本当に楽天証券の口座を開設するだけで良いのです。変なカラクリは無いですよ。(笑)

こういった付帯サービスは、口座を開設して取引してもらうことが目的なので、通常ですと口座への入金や実際の取引がサービス利用の条件になることが多いですが、楽天証券の日経新聞を読めるサービスはそんなことはありません。

楽天証券に口座を開設してもらうために、無料で日経新聞が読めるサービスをしているようです。

本当に口座開設するだけで日経新聞が読めてしまうのです。

もちろん口座開設自体も無料です。

おむすび
おむすび
とてもお得なサービスなのですが、意外と知らない人が多いんですよね。
すぱ郎
すぱ郎
早速楽天証券の口座開設してくる!

\日経新聞を無料で読もう/

 

日経新聞を無料で読む時の注意点

ただし、楽天証券アプリで日経新聞を読むにあたって、気をつけるべき点が2つだけあります。

  • 過去3日分しかデータがストックされない
  • 記事のレベル感にメリハリがない

順に説明していきます。

過去3日間分しかデータがストックされない

紙の新聞であれば過去の記事はいつまでも取っておくことができますが、楽天証券アプリの日経新聞は3日前の記事までしかストックされません。

日経新聞の記事は毎日配信されるので、過去の記事をさかのぼって読むことはあまりないと思いますが、そういった制約はあります。

ゆり
ゆり
新聞記事の特性を考えると、あんまりデメリットでもないかもね。

記事のレベル感にメリハリがない

ゆり
ゆり
これはどういうこと?

本来新聞って1面、2面、3面、…とあって各紙面でも見出しが大々的に書かれていたり、脇の方に小さく書かれていることで、パッと見ただけで重要なニュースなのかを判別できるように構成していますよね。

楽天証券アプリで読める日経新聞は、良くも悪くも全ての記事のレベルが違いなく表示されます。

紙の新聞では1面で大体的に書かれている記事も、隅っこの方でひっそりと書かれている記事も濃淡のないテキスト文章になってしまいます。

すぱ郎
すぱ郎
デジタルデータの宿命ですね。

ただ、タイトルをチェックして気になった記事だけ読むというシンプルなスタイルで利用すれば良いだけですので、これもデメリットとまではならないと思います。

 

楽天証券口座の開設方法

すぱ郎
すぱ郎
早く楽天証券の口座を開設して購読している日経新聞を解約したくなってきた!

楽天証券の口座開設方法についてはこちらをご覧ください。

【老後資産を運用で増やす】楽天証券の口座開設手順を徹底解説! 金融庁が「自助努力によって老後資金2000万円が必要」と発信されたことが話題になっていますが、短期的な貯金などとは別に老後資金と...

\日経新聞を無料で読もう/

 

新聞購読をやめて年間6万円節約しよう

ゆり
ゆり
日経新聞が無料で読めるなんて知らなかった!
おむすび
おむすび
特にデメリットというデメリットもないし大半のスマホユーザーは、楽天証券の無料サービスで十分だと思うよ!

日経新聞は購読すると月額5,000円近く料金がかかります。年間に直すと約6万円です。

老後資金2000万円のために毎月一定額を積み立てる場合、こういった月額固定でかかっているサービスを見直すことは非常に大切です。

心理的、時間的な負担なく固定費を下げられるものはどんどん下げていくべきです。

あなたも日経新聞を無料で読んで、浮いた年間6万円を資産運用に回しましょう!